ツーリングライダーのための宿泊施設バイクステーション。
日本最北端のバイクステーション稚内では、オートキャンプ場を併設。

バイクステーション稚内 ブログ
住 所
北海道稚内市声問4丁目27-4
TEL
0162-26-2167 (お問い合わせ専用)
営業期間
7月1日 ~ 9月30日
アクセス
国道238号沿い、潮見5交差点より東へ7km
稚内空港への交差点角 [MAP]

2008年7月

芝生がすくすく育っていますよぉ

2008/07/31 カテゴリ:

バイクステーション稚内は最近好天続きで、テントサイトの芝もすくすく伸びています。
6月終わり頃、芝の種をまいたのですが、緑に覆われる部分が増えてきたので、テントを設営しても大丈夫なくらいになりました。実際に利用いただいたお客様からも「芝生のおかげで寝心地が良かったよ~」との言葉を多くいただきました。7月前半は雨続きで正直うっとうしいと思っていましたが、ここにきてその雨に感謝する事になるとは!って感じですね♪
これからはもっとキャンプ場を利用される方が多くなってくるでしょうから、私も一生懸命草取りや芝刈りをしてライダーの皆さんをお迎えしたいと思います。
続きを読む

副港市場

2008/07/30 カテゴリ:

今日は天気もいいので、”副港市場”に足を運んでみました。





何度か来た事はあったのですが、ゆっくりと見て回ったのは初めてなので、けっこう新鮮な驚きでした。




元々、副港市場のコンセプトが「観光客も市民も楽しめる!」という事なので、中身が盛りだくさん。稚内の新鮮な海の幸を販売する鮮魚店やお土産屋があるかと思えば、普通のスーパーがあったり、昭和の時代を彷彿とさせるつくりの建物や町並みを再現していたりと飽きのこないつくりになっています。




外へ出ると松坂大輔スタジアムや北のガラス館なども楽しいですね。
船の甲板を模した展望デッキからは目の前の船着場を眺めることができます。





いやー、ゆっくりまわってみると見所沢山で汗かいたよ~。なんて方はどうぞ「港のゆ」へ。
最北の温泉という事で目下売り出し中。温泉めぐりをされているライダーさん、一度浸かってみてはいかがでしょう




≪アクセス≫
 バイクステーション稚内から約10km(約20分)
 ノシャップ方面へ国道40号線を北上 国道40号沿い 
続きを読む

巨大植物

2008/07/29 カテゴリ:


これ、ブロッコリーのお化けじゃないですよ。これは「エゾニュウ」という山野に自生するセリ科の植物で、北海道を走っていればあちこちに群生しています。高さ1mから3mものエゾニュウが原っぱにニョキニョキ伸びている光景はちょっと異様な感じもします。
もうひとつのジャンポな植物。
これはピンとくるかと思いますが、そう「ふきの葉」です。これ、でかいです!自分のグローブを比較で置いているの分かりますか?ちょっと前にテレビで「となりのトトロ」やっていましたが、これ持ったら自分もあんな感じになるのか?なんて思ったり。大きく育つなんて、人にとっても植物にとってもいい事ですよね。
続きを読む

これが小学校!?

2008/07/28 カテゴリ:

今日はオホーツク海を左に見ながら、クッチャロ湖に向かう途中でこの建物を見つけました。
辺りを見回してみると、「小学校」と書かれた標識をみてびっくり。教会かレストランかと思っていただけに、余計びっくりしちゃいました。
そえいえば、北海道は色鮮やかな建物が割と多いんですよね~。以前から気にはなっていたのですが、この建物を見てますます疑問が頭をぐるぐる回るようになってしまいました。
冬は真っ白の景色になるから目立つ為なのか…?はたまた別の理由なのか…?
誰か分かる人がいましたら、こに立ち寄られた際、私に教えて下さいね。
続きを読む

稚内フェリーターミナル

2008/07/27 カテゴリ:


今日は新しくなった稚内フェリーターミナルを見てきました。変わったな~。もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今年の5月にフェリーターミナルは移転したんですよね。これまでの北防ドームのちょうど対岸、やや南に移転しました。上の写真は新ターミナルから旧ターミナルの方を撮影した写真です。
あ、そうそう、ターミナルの中も様子がだいぶ変わっていました。
フェリーを見ながら一服できるカフェなんかもあって、お洒落な感じがします。
一つ、残念な事は以前のような有料ガレージが無くなってしまった事。あれ便利だったんですよね~。雨風しのげるし、安全だし。また出来ないかなあ。。。
≪アクセス≫
 バイクステーション稚内から約10km(20分) 
 バイクステーション稚内から国道238号線を市街地方面へ。潮見交差点を右折、40号線を道なりに、中央4丁目交差点(セイコーマートあり)を右折
続きを読む

宗谷丘陵

2008/07/26 カテゴリ:

今日は天気がよかったので、フラフラと宗谷岬周辺をオートバイで散策してみました。
宗谷厳島神社のある宗谷公園の近くに、私でも入っていけそうな一本のダートがあったので、何気なくその道を進んでいってみると、周囲に民家も見えなくなり、人影は全くなし。まるで熊でも出そうな雰囲気になった頃、これぞ宗谷丘陵といえるような景色が見える場所にたどり着きました。
ちょっと分かりづらいかも知れませんが、丘陵のど真ん中にいるような光景や、海に向かってまっすぐ延びた道を走る時など、本当に気分爽快です。
でもこのような道路では出来ればゆっくりトコトコと走りたいですよね。近くに牛がいると驚くでしょうし、万が一転倒してしまったら、一体誰が助けてくれるのやら…。
続きを読む

この穴、人?動物?

2008/07/25 カテゴリ:

敷地の周辺を点検がてら歩いていると、変な穴を見つけました。
「ん?この穴はなんだ?なんかの巣か?割と大きくて深いぞ」なんて、思っていたのですが、
なんか薄気味悪くなったので、市役所に連絡してみました。
すると返ってきた答えが、「ああ、キツネが掘っているんですね」。
なんか最近、キツネが多いと思ったんだよなぁ…。
道内を走っているとあちこちで見る事が出来るキタキツネは、寄生虫に注意するように!とよく言われていますが、現代の医学でも退治する事が出来ず、また潜伏期間が長い事がその原因となっています。
発症するまでに10年もかかる為、北海道ツーリングの記憶も薄らいだ頃に急に!なんて事もありえます。
ここバイクステーションの周辺にも姿を現しますが、近づくのはもちろん、エサなどもあげないようにして下さいね。エサをあげるとキツネが集まりだし、生態系が崩れてしまいます。道内のキャンプ場にゴミ箱が少ないのは、こういった理由もあると市役所の方が教えてくれました。
北海道の美しい自然や動物と私たち人間がこれからも共存していく為にも、私たちライダーが率先してマナーやモラルを守っていきたいですね。
続きを読む

バイクステーション稚内施設のご案内②

2008/07/25 カテゴリ:

今日は久々、新しく生まれ変わったバイクステーション稚内の施設の紹介第二弾です
今回は、個室棟をご案内します。


全景はこちら。





今迄は右(写真奥)の建物しか建っていませんでしたが、今年は左側(手前)の建物も完成して
宿泊部屋は19部屋まで拡大しました。

各部屋までは舗装路ですから足元に不安もありません。
また、上部には屋根が付いていますので、愛車を雨やどりさせる事もできます。
こちらは、レッドバロン会員様お1人様2,100円でご利用いただけます。
あと、宿泊料金がお得になる相部屋料金等も設定していますよ。これは、レッドバロン会員様同士2名が1室に宿泊すると お一人様1,680円ずつと、2割引きになるんです。北海道ツーリングをよりお得に満喫してもらう為に設定しました。ご夫婦の方やカップルの方、仲のいい友人同士など、非常に多くの方が二人一緒でご利用いただいています。二人で今日一日の旅の思い出を振り返りながら、楽しいひと時を過ごして下さいね
ここで浮いた分で、少しでもガソリン代やお食事代の足しになればと思います♪
続きを読む

オーロラのような風車

2008/07/24 カテゴリ:

今日は、稚内公園にある風力発電の風車がライトアップされているのを激写しました。
このライトの明かりをバイクステーションから見ると、風車の周辺の空が緑色にやや明るくなって、まるでオーロラのようだと、先ほど来館されてお客様がおっしゃっていました。
風車の近くまで行ってバイクのエンジンを止めてみると、静かな夜の道路に風車の羽根の風を切る音だけが大きく響いています。
他に誰もいない夜の路上で、この風車を見ながら「ゴー」という大きな風切り音を聞いているとどこが別世界に迷い込んでしまったような、そんな不思議な気分になりました。
夜なので上手く撮れませんでしたが、実際にご自分の目で見てみるととてもきれいなので、少し足を伸ばしてみるのもいいかも知れませんね
続きを読む

バイクステーションのお隣

2008/07/23 カテゴリ:


今日はバイクステーションの隣にある公園に来てみました。 ここはちょっと童心にもかえれて心落ち着く場所です。砂場の真ん中に船の形をした遊具があって、私もたまーに1人で戯れています(笑)
園内にはちょっとした広場もあって、まれにテントを張っている光景を見るのですが、テントは張る時は是非うちでお願いしますゆっくりシャワーも浴びれて、洗濯物もしっかり洗えますしね!
公園周辺には”ハマナス”
”ルピナス”
”コスモス”
などが咲いていて本当に心和みます。
少し早めにバイクステーションに到着された方の中には、ここを散策されるのもいいですね。
続きを読む
1 / 3123
PAGE TOP