ツーリングライダーのための宿泊施設バイクステーション。
日本最北端のバイクステーション稚内では、オートキャンプ場を併設。

バイクステーション稚内 ブログ
住 所
北海道稚内市声問4丁目27-4
TEL
0162-26-2167 (お問い合わせ専用)
営業期間
7月1日 ~ 9月30日
アクセス
国道238号沿い、潮見5交差点より東へ7km
稚内空港への交差点角 [MAP]

利尻へ行こう! その2(後編)

2011/08/27 カテゴリ:

今回もまた利尻島ツアーのレポートをお送りします。

 
P7270677.jpg
 
ここ利尻島では、道路が島の外周を囲うようにして張り巡らされており、逆を言えば、この外周以外の道が少ないのも特徴です。
 
この外周の道路を走っていくと、海岸付近に特徴的な形をした岩を見かけます。
これらの岩にはそれぞれの形状にちなんで「人面岩」や「寝熊の岩」といった名称がつけられています。
 
P7270713.jpg
 
…言われてみれば、右を向いているヒトの横顔のように見えますね。
 
P7270687.jpg
 
さて、次に行った所は、利尻島の南東部に位置する「オタトマリ沼」です。
ここにも前回紹介した「姫沼」同様、周辺に散策路があります。
 
P7270690.jpg
 
これら2つの沼では、天気がいいと「逆さ富士」なる光景を見ることができます。
それはどんなものかといえば!
綺麗な湖面に利尻富士こと利尻山の姿が鏡のように映し出されるというものです!
 
でも今回は残念ながら曇りだったので、山に雲がかかった状態で映っていました。
残念……。
 
と、このように島をぐるっと1周して、今回の利尻島バスツアーは終了しました。
この島はレンタル原付で気ままに周遊するもよし、あるいは乗りなれたいつもの自分のバイクで周るもよし!
予算やスケジュールに応じたプランを立てて、利尻島観光をお楽しみ下さい。
 
P7270656.jpg
 
また、ここからもう1つの離島「礼文島」へは、フェリーで830円から、40分ほどの船旅で行くことができます。
朝稚内を出発する時間を早めれば、利尻島も礼文島も両方とも周ることが出来ます。
 
さて、利尻島ツアーのレポートもこれまで!
実際の光景にはこの写真や文章だけでは伝えきれない絶景や感動の光景が広がります!
 
P7270727.jpg
 
皆さんも北海道で未体験の世界をぜひ体感してください。
PAGE TOP